ツインソウル〜魂の片割れというもの〜

ツインソウル、ツインレイ、真実の愛

バカにされても仕方ない。本当の使命とは

私には彼と一緒に成し遂げたい夢もあるので、やっぱり彼じゃなきゃダメなのだ。

彼以外の選択肢なんて最初からなかったのだ笑


ツインと統合するってことがそもそも一般的にはあまり前例のないことだし、私がやりたい夢もあまり前例のないことなので人に理解されないことはたくさんあります。


私の場合は親が強敵で。「そんなの叶うわけない。現実をみた方がいい。」とか反対されたこともあります。


いや、そんなこと言ってたらいつまでも変わらないし、結局同じことの繰り返しで終わるだけ。

誰かがやらなきゃならない。

私はやりたいからやる。


バカにされることもあるけど仕方ないのです。

人は、やったことのない未知のものはそんなの叶うわけないと思うものだ。


成功して結果出すまではバカにされ続けるのかもしれない。


いつか見てろよ〜と実は心の中では闘志むき出しな私です。


だって楽しいしね。

ツイン彼とのことも、夢のことも、大変なことはいっぱいあるけど実は楽しいんです。

一生懸命向き合って、悩んで、学んで、いろんな気づきを得て。。謎がとけたり答えがわかったときなんて楽しくて仕方ない笑

いくらでも夢中になれる。


苦しい大変とばかり思っていたけど、実は好きでやってたんだなと気づきました。


誰かにやりなさいと言われたわけでなく、気がついたら夢中になっていて楽しくて仕方ないこと。


本当の使命ってこういうことかもしれません。