ツインソウル〜魂の片割れというもの〜

ツインソウル、ツインレイ、真実の愛

どうしてもわかり合えない人、許せない気持ち

どうしてもウマの合わない、わかり合えないと思う人が2人くらいいます。


1人はヒーラーさん。

その頃私は精神的にとてもつらくて、すがるような思いでその方に助けを求めた。 

信頼できると思ったから。


しかし、身もふたもないようなことを言われました。常識がない、とか人格否定するような言葉も言われました。

それができないから困っているのに。私の気持ちには全く寄り添おうとはせずただ決めつけられた言い方をされ、やりとりをシャットダウンされとてもショックでした。


私自身にも至らないところがあったから不快に思いにさせてしまった部分もあったのだろうと、それは反省しました。


しかし正直、ヒーラーである前に人としてどうなんだろうと言いたくなる対応をされました。


今冷静に振り返ってみてもその思いは変わりません。


私がいくら想いを伝えようともその方には全然届いてないようでした。


結局、その方は私をあまり好きではない、受け入れられないんだと思います。


私のことが好きなら、多少のことがあったとしても助けたい力になりたいと思ってくれるものだと思うので。


人間ってそういうものじゃないですか?


相手のことが好きなら、少しでも力になりたいと思って助けようとしますよね。

そこに、あなたはこうだから助けたくないとか条件づけはしないと思う。


現に、あのとき私は助けを求めたのに、検討外れなことを言われて悲しかった。


勝手に私という人格を決めつけられ、自分の意見が正しいといわんばかりに批判されました。


依存してるとか自立してないとかもっともらしいことをいわれたけど、結局は私を受け入れるだけの器がないってことだと思いました。


やり直すチャンスさえも与えてくれなかったのだから。


ウマが合わない、相性が合わないってこういうことかなと思った。


どんなに心がキレイそうに見える人でも好き嫌いってやっぱりあるし、私もあるんだなと思いました。



2人めは、異性。一時期恋愛関係になった人。

すでに終わった関係だったのですが、相手はずっと未練があったようでしつこく、粘着質につきまとわれました。

私をののしったり、暴言を吐いたり脅したりと犯罪に近いことをされました。人格否定も散々されました。


ちゃんと話し合ってわかり合いたかったのですが、相手は自分の正当性を主張するばかりで、私を悪者に仕立て上げようとしました。

話しが全く通じませんでした。


周りの人も巻きこんで私を攻撃しようとしてきました。


はっきり言って、病んでると思いました。頭がおかしいと思った。

身の危険を感じたので、その人に関わるコミュニティや人間関係を全て断ち(信頼してる何人かには正直に打ち明けました)逃げました。


今でも思い出すとむかつきます。


信頼を裏切られ、私の気持ちを踏みにじったのだから。


まだ恨んでる気持ちは残ってるし、一生会いたくありません。


どう頑張っても、わかり合おうとしてもわかり合えない人もいるのだと思いました。


2人に会えたことでいい勉強ができたと今では思っています。


でも、もう関わりたくないです。


無理やり許す気もありません。


私が傷ついたことは事実だから。



私にとって大事なのはこの2人に囚われて生きることではなく、いちばん大切な人と一緒になることなので。


許せない気持ちも認め、抱えながら大事な愛に向かって生きていくだけ。


そうすればいつか、笑い話になる日がくるでしょう。