ツインレイ〜魂の片割れというもの〜

ツインソウル、ツインレイ、真実の愛

ツインはあえて離れて共同作業を行う

しばらくブログ更新していませんでしたが、ちゃんと生きてます。

いろんなことが重なり精神的にボロボロになり精神安定剤のお世話になってますが。

しっかり生きてます。

いろんな出来事が重なりすぎて心身ともにまいってしまい、にっちもさっちも行かなくなり、久しぶりに信頼している占い師さんに相談しました。

そしたら、

いま2人は離れてるけどお互いに地歩を固めて共同作業をしているような感じ。

チームのような感じ。無意識では、お互いにコンフリクトを起こしたくないから今は向こうから連絡がないのだととれる。

いまは苦しいけど、「最後に笑うファイター」て意味がとれるから大丈夫。

て言われました。

モヤモヤしてたことが少しすっきりしたし、わたしの歩んでた道は間違いではなかったと再確認できた。

努力は必ず報われる。

いまどんなにつらいことがあっても最後は必ず笑ってみせる。

お互い最高の笑顔で会えるように。

頑張ったね、て健闘を讃えあえるように。

その日はいつか必ず訪れるから。

彼が夢にでてきた

久しぶりにツイン彼の夢みた。。

彼が私に会いにきてくれて、なんか楽しそうな顔でいろいろ話してくれたっていう夢だった。

内容は覚えてない笑

真っ先に私のとこ来てくれた、安心している顔にみえた。

私が最近頑張って、寝る前に「大好きだよ」てメールしてるのみてくれてるのかな

彼の心を溶かせてたらいいな

私が付き合うって話しをしたいっ思ったけどなぜか言えなかった。

たぶんまだやらなきゃならないことがあるんだと思う。。

学ばなきゃならないことがあるんだと思う

最近、まだまだ勉強しなきゃならないとかテストうける、とかそういう夢よくみるから

↑夢見心地はほんと悪い。。。

はぁーまだやらなきゃなならないことあるの私。。

疲れちゃった

もう仕事やめたいんだよ

単純に、もう疲れた

まだ学ばなきゃならないやらなきゃならないことあるなら、それなりの手助け、援助もちゃんとしてくれ

こっちは疲れてんだよ

彼が夢にでてきてくれたことは嬉しかったけど、同時にまだやらなきゃならないことあるんだと感じてがっかりした夢でした

ひたすら寝たい

休みたい

ツインレイって。。強制的

ツインソウルやらツイン◯◯と、ツインの名のつく呼び名はたくさんあるけど、私が書くのはツインレイのおはなし。

人間は生まれる前に天国で、どんな人生を送るのか計画をたてて生まれてきて、神さまなど目に見えない存在の方たちと協力しながら助けられながら生きている。

人生の目的が果たせるように生きている。

でも、1人の人間として自由意思を尊重させてもらえるようになってるから、最終的にどう選択するかは自由なんだよって話しよくきくけどさ。

ツインレイ体験してる人はわかると思うけど、はっきり言ってほぼ強制でしょ。

ツイン相方との出会いから突然の別れ、別離、そして現在に至るまで。。

ツイン相方とのことで、自分の人間としての自由意思が尊重されてるって思うことなんてありましたか⁈

私はほとんどなかった。

自分の意思なんて及ばないところで物事が現実が進んでいった。

今も彼がとなりにいない現実がつらい。

毎日嫌でもやらなきゃならない仕事や諸々のこと、ジェットコースターのような感情の起伏の激しさがつらい

毎日ギリギリで生きてんだよこっちは

精神安定剤のみながら生きてんだよ

つらいから、何どももうお願いだから会わせてって宇宙に祈ったけど聞いてくれない

これは私の立派な自由意思だと思うのだが

聞いてはもらえないのだね⁇

私の自由意思はどこへ⁇

ツインとの別離、そして再会にいたるまで自由意思なんて尊重されないと思うんだが

全ては宇宙の采配、の名のもと宇宙により監視、統制されていると思わざるを得ない

だから、はっきり言って人生自己責任なんていわれても困る

私は私の出来うる限りのことめちゃくちゃ頑張って、あがいて、もがいて、どうにもならないから今こうしてる

私の責任じゃなくて宇宙の責任だから

もう私の範疇じゃない

必ずや再会させて、会わせてくれるんだろうな?

最高最善の結果をプレゼントしてくれないと許さない

ツインレイの生の声です

母はメンヘラでした

ブログに度々登場する私の母。

毒親の母。

ここ数年私を散々いじめてきた母。

あまりに情緒不安定かつ、人を傷つけることを平気でいう。頭のおかしいことを言ったり、強迫観念にかられているので精神科受診を勧めたことがあります。

あなたは私が悪い子だからだらしないから私のせいで怒ってるんだとよく私を責めるけど、私は何も悪くない。

全部あなたの問題だから、医者にもあなた自身の問題っていわれると思うから実際に精神科行ってみなよと。

結局受診はしてないですが、知識のあるカウンセラーの人に母のことを相談したら

メンタル系の病気だろうと指摘されました。

セルフイメージがとても低く、自分で自分の感情がコントロールできないため他人に寄りかかり心のケアを無意識にしてもらおうとするのだと。

私にかなり精神科に依存、執着してるのは間違いないとのこと。

だから情緒不安定だし頭おかしいこと言うんだって納得しました。

メンヘラ母。。。気持ち悪い。虫酸が走る

性格も悪い

私を散々いじめてきたので正直許せません。

関わりたくありません。

すぐには心の傷は癒えないかもしれません。

いじめ返してやりたいくらい憎くなる

実母にいじめられるって笑っちゃう

親だからって子供を無条件に愛せない親もいること、子供をいじめる親もいるんだって学びました

私の母は、自分の過ちに気付いても一切謝るということをしません。

これを書いていても悲しくなってきます

普通の親子になりたかった

普通の親子がうらやましくて仕方ない

うちはヘンだ

うちには、事細かなルールやマニュアルがたくさんある。

正確には母が決めたルールなんだけど。

これはここに置いて、これはああして、こうして、こうしておいて、こうじゃなきゃだめ、やり方はこうして、

タオルや服はこういうふうに干して、食べたあとの皿はこうやって置いて、風呂は順番にすぐ入ってなるべく間髪あけないように、

週のうち2日は遅くまで寝ていいけど、平日は仕事が休みでも早く起きなきゃだめ

無数にルールがあります。

とくに根拠もないのに

何か理由やちゃんとした根拠があるならまだしも、ただちゃんとしなきゃだめだから、だらしないのはだめだから、とかよくわかんない理由でルールがたくさんある

疲れる。。。。

何が手伝おうと思って台所に立ったり何かしようとしても、ルールがたくさんあるからそのとおりにしないと文句いわれるから疲れるから嫌になる

なぜか分刻みのスケジュールです。

仕事でもないのに。

母、専業主婦なのに何をそんなにせかせかしているのか意味わからん

私がその家事をやるから母はやる必要がないことにも関わらず文句を言ってきたり強制しようとする

電気も、少しでも使わないならすぐ消せ

→でも自分は、いま家事やっててすぐ戻るとこだから見てるの!消さないでと勝手な言いがかりをつける

結局は自分勝手。自分中心。自分の気分でやってるだけ。

父はそんな母には強くいえず、母に反抗する私を代わりに怒ったりする。八つ当たりね。

自分だって、母の作った細かいルール面倒くさいと思ってるくせに言えない気弱な男。

小さい男。

俺は仕事で忙しいからと、それ以外のことはきかない、みえないフリする父。

最初は私のことを見守ってくれるいい父だと思ってたけど、ただ気が小さい、事なかれ主義、仕事に逃げてるだけの男だとわかった。

そんなもんか。

んで、お互い小さいストレス溜まってるからチクチクぶつけ合って、監視し合ってケチつけあう。

意味わからん。

そんな根拠のないルールなんてなくしちゃえばいいのに。

息苦しいんだわ

ムダな決まりごとはいらない

それより、みんながいかに心地よく仲良し過ごせるかを考えることの方がよほど大事だと思うんだけど

家事なんて多少手抜いたって誰も文句いわないし気づかないわ

ピリピリして文句いわれることの方が嫌だわ

お互い監視し合って指摘し合ってへんな家だな

電気もTVも多少付けっ放しにしたって何てことないわ

風呂つぎ入る人が遅くなって追い炊きの時間が少し長くなったって何てことないわ

誰もトクしないルール

あほらしい

わたしからしたら父も母も似たようなもんだ。

似た者夫婦だよ。

共依存だな

よくわからんルールでお互いをがんじがらめにして、指摘し合って、ストレスを溜める。。

いまの日本社会の縮図だね

どうしてもっとゆるく生きれないのかな?

お互い監視し合うのやめたら?

ほんと、へんな家だわ

父も母も、親としてはダメダメだわ

普通の家庭がうらやましい

こんな、ただ感じたままを書いてるブログですが見てくれる人がいるのは嬉しいです。


ありがたいことですね。



ツインは統合して一緒になるまでにこういう過程を経る、とかこれを乗り越えなきゃならないとか言われますが、


どうでもいいです。


そんなの、カップルによって違うだろうし、いろいろだと思います。

大まかな流れみたいなのはあるかもしれないけど。

私たちは、一般的にいわれるツインの統合過程の段階(出会いから別れ、サイレントから再会までの流れ)にとくに当てはまってないような気がします。


ただ目の前のこと、日々生きるので精一杯なんだもの。


キレイ事じゃないからさ。そんなマニュアル通りになんていかないよ。

と思って日々を生きています。






さて、今までも何度か毒親について書いてきました。


幼い頃から親の顔色をうかがうのが当たり前でした。

親の望む返答をし、親の期待に応えなきゃって思ってました。

こんなこと言われたらまた否定されるんじゃないか、そんなんじゃだめだね!て言われるんじゃないかって、ちゃんとしなきゃって、親の言う通りにしなきゃって思ってた。


親は好きだけど、同時に私をおびやかすとても怖い存在だった。


一緒にいると緊張してうまく笑えなかった。

近くにいると体に力が入って身構えてしまい、体調が悪くなった。気持ちが暗くなった。

親の前では自分を出せなかった。

親の前にいるときがいちばん緊張した。


親は私をがんじがらめに心理的にコントロールし、よくわからないルールを押し付け、いい子になることを強要してきました。

親は好きだけど一緒にいても楽しくなかった。


そんなだったから、親と自然体で接することができて何でも話せて、ときには相談もしたり、楽しく一緒に遊んだりしてる人をみるとうらやましくて仕方なかった。


普通の親がうらやましくて仕方なかった。


私はのびのび育てられたことがない。

信じてもらったと思ったことがあまりない。

いつも、どこか疑われて、信じてもらえてる実感がないまま育ちました。


私の足を引っ張り引きずりおろそうとする母。

前向きな思考を封じようとする母。

つねに、疑ってかかれといわれてきた。人をあまり信用するなと。


すぐヒステリーになり感情的になり泣きわめく母。

人の未熟なところは鬼の首をとったように指摘してくるくせに、自分は言われるとすぐキレる


気持ち悪くて怖くて仕方なかった


この家でここまで育ってきたこと、グレたりせずまっすぐ育ってきた自分を褒めてあげたい。


精神的虐待は日常的茶飯事でした。


普通の家庭がうらやましい。


今日はそんなことを思った1日でした

どう思われるかではなく自分がどう思うか

ものごとは、単純に善か悪か、良いか悪いか、ではない。

大事なことは、自分がどう思うかだ

自分がそのものごとをどう捉えて、どう感じて、どういう思いでやるのか、それが大切なこと

決めるのは自分だ

だから不必要に未来や将来を案じる必要はない

何をしてたって起こるべきことは起こるのだ

自分がいくら願ったって心がけていたって、起こる必要のないものは起こらないし、起こせない

いわゆる引き寄せの法則というものの限界はそこなんだ

自分の意志だけでものごとが回っていくわけではないから

この世界は機械ではないから

起こる必要のあることはちゃんと起こるし、経験すべきことはちゃんと経験できるようになってるから大丈夫

ちょっと肩の力を抜いて、今を楽しむようにしてみよう